ウレタンタイプのマットレスの特徴

category:コラム

サムネイル

心地良い睡眠を得るためには、マットレス選びが非常に重要です。まずはご自身が求める条件として、自分の体に合ったもの、予算内に収まるものなどを考えましょう。そうすると、コイルスプリングマットレスとウレタンマットレスのどちらを選ぶか、迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。ここではウレタンマットレスの特徴、メリット・デメリットをご説明しますので、マットレス選びの参考にしてみてください。

ウレタンタイプのマットレスとは

ウレタンタイプのマットレスは、大きく分けて「高反発ウレタンマットレス」、「低反発ウレタンコイルマットレス」の2つです。その他にもウレタン素材を用いたマットレスがあります。それぞれのタイプの特徴について観てみましょう。

■高反発ウレタンマットレス
①特徴

高反発ウレタンマットレスの特徴は、適度な体圧分散性でしっかりとした寝心地を感じられます。高反発マットレスは硬いと思われがちですが、体が沈みにくいというメリットがあるのです。睡眠姿勢をキープすることができ、かつ寝返りがうちやすくなります。

②価格

シングルでの価格は5,000円~30,000円前後と比較的リーズナブルです。2万円台のものが人気を集めています。

③おすすめの人
腰への負担が軽減されるので、腰痛にお悩みの方におすすめです。

■低反発ウレタンコイルマットレス
①特徴

低反発ウレタンコイルマットレスは高反発マットレスに比べ、ピタッと体にフィットする体圧分散性があり、マットレス自体も柔らかいことが特徴です。体をやさしく包み込むような心地良さを感じられます。マットレスが体重を受け止めてくれるのでフィット感が増し、横向き姿勢でも安定して寝ることができます。ただし、マットレスが柔らかい分、寝返りがうちにくくなるというデメリットもあります。

②価格価

高反発マットレスより少々高く、シングルでの価格は5,000円~40,000円となります。3万円台のマットレスが人気のようです。

③おすすめの人

包み込まれるような寝心地をお求めの方におすすめです。重みを吸収しやすいマットレスなので、体重が軽量な方にもおすすめです。

■その他のウレタンマットレス
その他のウレタンマットレスとして、「ラテックス」「高反発ファイバー」「ボンネルコイル」「ポケットコイル」が挙げられます。

・ラテックス

高反発と低反発の中間で、柔らかすぎず硬すぎずの寝心地です。価格は8,000円からですが、50,000円台のものが人気です。低反発が苦手な方にもおすすめです。

・高反発ファイバー

硬さは高反発マットレスと同様ですが、耐水性が高く通気性にも優れています。価格は30,000円台のものが人気です。厚さが薄いものが多いので、体重80kg以下の人におすすめです。

・ボンネルコイルマットレス・ポケットコイル

コイルスプリングの上に、ウレタンフォームのクッション材が詰められています。ウレタンのクッション性とスプリングの弾力性により、体が大きい方でも快適な寝心地を得ることができます。価格は7,000円からで、20,000円前後のものが人気です。

 

ウレタンマットレスのメリット・デメリット
高反発ウレタンマットレス、低反発ウレタンコイルマットレスのメリットとデメリットはそれぞれ異なります。

高反発ウレタンマットレスのメリットとしては、十分な体圧分散性を持つので寝返りがうちやすいという点があります。さらに、マットレス自体の重さも比較的軽く女性一人でも持ち運びができることもメリットです。

ただし、ウレタンマットレスは蒸れやすく、カビやダニがわきやすくなります。定期的に湿度を取り除く必要があり、手間に感じる方もいらっしゃるでしょう。その中でも高反発ウレタンは比較的重量が軽く、お手入れしやすいマットレスです。

低反発ウレタンコイルマットレスのメリットは、何と言っても寝心地の良さ。マットレスが体を包み込むようにフィットし、安定した寝心地を得ることができます。睡眠時の肩や腰の痛みを軽減してくれる点もメリットと言えるでしょう。

フィット感が増している分、寝返りがうちにくいことと、マットレス自体の重量が重いのでお手入れしにくいという懸念点が挙げられます。高反発同様、低反発も蒸れやすいというデメリットがあるため、定期的に除湿する必要があるでしょう。

 

ウレタンとコイルの良いとこどり!「3Dウレタンスプリングマットレス」とは
従来の「金属スプリングタイプ」と「ウレタンタイプ」のメリットを合わせ持つ3Dウレタンスプリングマットレスが今注目されています。

3Dウレタンスプリングマットレスは、ウレタン製のコイルスプリングが通気性の良さと心地良い寝心地を実現する、まさにハイブリット型のマットレスです。蜂の巣状のハニカム構造で体圧分散性も高く、すぐれた弾力性と耐久性を持つ上に、マットレスの寿命が長いのも特徴です。高反発・低反発それぞれのメリットを活かした「ハイブリット反発」が、体にフィットしつつしっかり支えるので、安定した寝心地を感じられます。

低反発ウレタンのように重いマットレスではないので、女性一人でも持ち運びが可能で、2人で寝ても振動が伝達しにくいというメリットもあります。

 

まとめ
ウレタンタイプのマットレスには、体が沈みにくく寝返りがうちやすい高反発タイプと、体にしっかりフィットする低反発タイプの2つの種類があります。それぞれ使用される方の体格や体質によって適するタイプは異なります。

マットレス選びにお悩みの方は、高反発と低反発のメリットを活かした最新ハイブリット型の3Dウレタンコイルマットレスを検討してみてはいかがでしょうか?