寝苦しい夏を快適に過ごすには│夏の寝具のお手入れ方法のご紹介

category:お手入れ, 夏の寝具, 寝苦しい, 紹介

サムネイル

寝具のお手入れは行なっていますか?定期的に寝具を清潔にすることは、快適な睡眠を保つために必要です。

実は、寝具のお手入れといっても、方法は季節ごとに異なります。これからの季節は、外気が暑くなることで寝ている間の汗の量も増えるといわれています。夏場には夏場に適した寝具のお手入れ方法があるのです。

今回は、夏の寝具のお手入れ方法をご紹介していきます。

 

■夏の寝具のお手入れのキホン

人は寝ている間に想像以上に汗をかいています。夏場は特に体温調節がむずかしく、汗をかきやすい季節です。そのため、1年の中で最も寝具に汗が染みこんでしまいます。

夏場における寝具のお手入れ方法は、汗対策が基本。汗が染みこんで濡れてしまった寝具をしっかり乾燥させることが大切です。

湿気はカビやダニがよく好みます。乾燥させずに置いておくと、どんどん繁殖してしまいます。せっかくお風呂で体を綺麗にしたのに、カビやダニが繁殖している場所で寝るなんて嫌ですよね。

また、乾燥させるだけではなく、定期的に洗濯をすることも大切です。夏は特に洗濯をして清潔に保つことを意識しましょう。

 

■四角敷きパッド・タオルケット・布団カバーそれぞれのお手入れ方法

次に、寝具それぞれのお手入れ方法を詳しくご紹介します。

・敷きパッド

敷きパッドはシーツに比べて汗が吸収しやすい素材です。家庭で洗濯できることが多いので、洗濯表示を確認のうえ1〜2週間に1度洗うようにしましょう。

基本的には洗濯機で洗えます。大きい洗濯ネットに丸めて入れて、他のものとは分けて洗うことをおすすめします。

洗ったあとは、生乾きにならないようにしっかりと干して乾燥させましょう。

 

・タオルケット

タオルケットも敷きパッド同様、汗を吸収しやすい素材です。そのため、1〜2週間に1度を目安に洗濯することをおすすめします。

洗濯表示を確認のうえ、大きなネットに入れて洗濯機で洗濯し、しっかり乾燥するまで干します。

 

・シーツ・布団カバー

シーツや布団カバーにも汗が染み込みやすくなっているので、頻繁に洗濯をしましょう。シーツは週に1度、布団カバーは2週間に1度が洗濯の目安です。

 

・枕

枕も汗が染み込みやすいところです。必ず枕カバーを使うようにしましょう。

枕カバーは週に2〜3度洗濯して、常に清潔に保つことをおすすめします。汗が染みこんだままにしておくと雑菌が繁殖し肌荒れにも繋がります。

しかし、枕カバーをしていてもカバーの下の枕まで汗が染みこんでしまう可能性があります。洗える枕の場合は、月に1度〜2ヵ月に1度程度洗濯をした方がいいでしょう。

また、特に汗をかきやすい人は、枕カバーをしたうえでタオルを敷くなどすると、枕カバーや枕を清潔に保ちやすいといえます。

 

・ベッドパッド

マットレスとシーツの間に使うベッドパッドは、シーツが汗を吸ってくれるものの、まったく汚れないわけではありません。

洗えるベッドパッドの場合は、洗濯機で1ヵ月に1度を目安にお手入れしてあげるといいでしょう。

 

・マットレス

洗うのがなかなかむずかしいマットレスは、カバーなどを外し、起こして風を通してあげることで乾燥ができます。

1ヵ月に1回程度、マットレスも乾燥させてあげるといいでしょう。

■寝床内気象を快適に保とう

夏場の夜を快適に過ごすためには、寝床内気象(しんしょうないきしょう)を快適に保つことが重要です。寝床内気象とは、布団の中の温度や湿度の状態のことです。

日本睡眠科学研究所によると、ぐっすり眠るために最適な温度は「33±1℃」、湿度は「50±5%RH」とのことです。とはいえ、寝床内気象を毎日測るのはむずかしいですよね。

夏場は吸湿性・放湿性のある掛け布団など、高い湿度をできる限り下げるような寝具を選ぶことをおすすめします。

 

■ハニカム構造のオクタスプリング

夏場は使うマットレスも意識してみることをおすすめします。マットレスの種類によっては通気性が悪く寝苦しさを感じてしまうことがあるからです。

そんな夏場にぴったりなのが、オクタスプリングです。通気性がよく快適な寝心地が手に入ります。

通気性の良さの秘密は、八角形状のウレタンによるハニカム構造です。ハニカム構造にすることで、体を動かすたびに無駄な熱と湿気をマットレスの側面から追い出してくれます。通気性が確保されているので、ダニの発生数が少ないところもポイントです。

体圧分散性にも優れており腰の負担も軽減してくれるので、腰痛持ちの人に適しています。また、「ハイブリット反発」という低反発と高反発のいいとこ取りした素材を採用しているので、体を包み込みつつ寝返りも打ちやすいのが特徴です。

ただし、1枚で使用するには薄いので、マットレストッパーとして取り入れるのが最適です。

 

■まとめ

夏には夏に適した寝具のお手入れ方法が存在します。全体を通して意識したいのは、いつもよりも頻繁に洗濯をすることと通気をして乾燥させることです。

湿気でカビやダニを大量発生させないためにも、汗をかきづらい寝床内気象を保ちつつ、しっかりお手入れするようにしましょう。