疲れを翌日に持ち越さない!眠りの質を高めるには?

「しっかり睡眠時間を取っているのに、疲れが取れない」「朝、スッキリ起きられない」。そう感じるのは、眠りの質が低いことが原因かもしれません。

同じ時間眠っていても、眠りの質が低いと体が休まっていないため、疲れを翌日に持ち越してしまうのです。

眠りの質が低く熟睡できないと、日中の活動に悪影響を及ぼします。例えば、仕事に集中できなかったり、気分が憂鬱になったり、免疫力が低くなったりしてしまいます。

では、眠りの質を高める方法とは、どのようなものがあるのでしょうか。

まずは、日常的に運動を取り入れること。運動をしてほどよい疲労感を得ることで、入眠しやすくします。夜、寝る前に運動する習慣をつけようと考えているなら、ヨガなどのリラックスしやすい運動を取り入れることをおすすめします。

続いては、寝る前にブルーライトを浴びたりカフェインをとりすぎたりしないこと。ブルーライトやカフェインは質の良い眠りの邪魔をしてしまいます。また、カフェインは消化するのに時間がかかると言われているため、夕方前には摂取をやめた方が賢明です。

最後は、自分の体に合った寝具を選ぶこと。起きたときに体が痛く感じる場合は、マットレスが体に合っていない可能性があります。マットレスには体にかかる圧を分散させてくれる効果があるので、自分に合った寝具を選ぶことで、より眠りの質を高められるでしょう。

人気おすすめマットレス記事

高反発マットレスは腰痛におすすめ!
その理由は?
ウレタンタイプのマットレスの特徴
コイルスプリングタイプの
マットレスの特徴