マットレスはクリーニングでより快適に!

サムネイル

マットレスは一度購入すると、毎日使い続けるのが一般的です。そのため、長期間経過すると、汗やホコリ、ダニの死骸といった汚れが蓄積されることで、どうしても不潔になってしまいます。とはいえ、自分でマットレスのクリーニングをするのは、なかなか大変でしょう。そこでおすすめしたいのが、プロにマットレスのクリーニングを依頼することです。今回は、プロのマットレスクリーニングがどのようなサービスなのか紹介します。

 

マットレスのクリーニングとは

 

マットレスのクリーニングとは、家庭ではなかなか難しいマットレスの洗浄やダニの駆除などを、2~3時間程度でプロの業者がクリーンな状態のマットレスにしてくれるサービスのことです。まず、ゴミやダニをしっかりと掃除した後、マットレスを専用の洗剤で洗浄します。その後、しっかりと乾燥させることで、クリーンなマットレスに生まれ変わるのです。

 

マットレスクリーニングの料金相場

 

マットレスクリーニングの料金相場は、ベッドのサイズによって以下のように異なります。

 

サイズ クリーニングする面 料金相場 作業時間
シングル 片面 \10,000~\13,000 1時間~1時間半
シングル 両面 ¥15,000~¥18,000 2時間~2時間半
セミダブル・ダブル 片面 ¥15,000~¥18,000 1時間半~2時間
セミダブル・ダブル 両面 ¥20,000~¥23,000 2時間半~3時間
キング・クィーン 片面 ¥25,000~¥30,000 2時間~2時間半
キッズ ¥8,000~¥10,000 1時間程度

(作業時間や料金は汚れの状態によって変動します)

 

また、汗や尿、血液、嘔吐といった臭いが気になる場合には、「ニオイ消臭」オプションなどもあります。以下、ベッドサイズごとの追加料金の相場です。

 

・シングル:¥3,000程度

・セミダブル・ダブル:¥5,000程度

・クィーン・キング:¥8,000程度

 

さらに、特殊な薬品を使用したダニ駆除などを行ってくれる業者もいます。以下、参考までに、ダニ駆除オプションの費用相場です。

 

・シングル:¥4,000程度

・セミダブル・ダブル:¥6,000程度

・クィーン・キング:¥8,000程度

 

マットレスクリーニングの作業手順

 

以下、一般的なマットレスクリーニングの作業手順を説明します。

 

ゴミの吸引作業

クリーニング業者が自宅を訪問する際には、まず作業の流れに関する説明を受けた後、ゴミやダニなどを掃除する吸引作業からスタートします。専用の掃除機を使用して、マットレスに付着したゴミや髪の毛、ダニの死骸などを除去する作業です。マットレスの表面だけでなく、隙間に入った汚れも除去していきます。

 

洗浄作業

目だったゴミを掃除した後は、マットレスの表面や内部の汚れを浮き出させる作業に入ります。専用のスチーマーを使用して、熱で汚れを浮き上がらせることで、洗浄作業の際に汚れが取り除きやすくなるのです。次に、専用の洗浄機を使いバキューム洗浄を行います。スチームによって浮き出た汚れを洗浄機で吸い出すことで、クリーンなマットレスにしていきます。

 

乾燥作業

洗浄作業が終わったら、専用のドライヤーを使ってマットレスを乾燥させます。30分程度乾燥させれば、マットレスのクリーニングは終了です。

 

マットレスクリーニングの注意点

 

最後に、マットレスクリーニングをお願いする際に、注意すべき点について知っておきましょう。

 

マットレスクリーニング作業に関する注意事項

まず、マットレスのクリーニング作業は、ベッドが置いてある寝室などで行うのが一般的であるため、業者が来る前に部屋を片付けておく必要があります。また、いくらクリーニングといっても、すべての汚れが落ちるわけではないことを理解しておきましょう。たとえば、

 

・経年劣化

・布の染色

・脱色された箇所

・大きく濃いシミ

・大量に発生したカビ

 

などは、マットレスの種類や使用年数などによっては、落ちない可能性があるのです。また、香水や動物の排泄物といった強烈な臭いも、すべて取り除くことが難しい場合もあります。

なお、マットレスの側面は、通常クリーニングの対象にはならないことが一般的なので注意が必要です。

 

マットレスの種類によってはクリーニングできない場合も

次に、マットレスの種類によっては、クリーニングできないものもあります。たとえば、スプリングマットレスやボンネットコイルであれば、水洗い洗浄や高温スチームなどでクリーニングすることが可能です。しかし、低反発、高反発ウレタンやラテックスのマットレスなどは、水に濡らすことができないためクリーニングがNGの場合が多いです。とはいえ、クリーニング業者によっては、低反発、高反発ウレタンやラテックスのマットレスのクリーニングを受け付けている場合もありますので、事前に確認するようにしましょう。

 

繁忙期になる前にぜひクリーニングを 

 

今回は、プロの業者によるマットレスクリーニングのサービスを紹介しました。気持ちよく毎日眠るためにも、適度なタイミングで実施してみてはいかがでしょうか。しかし、冬物の布団に変える時期など繁忙期になると、依頼する人も増えるためなかなか予約が取れなくなります。そのため、できるだけ繁忙期になる前に、マットレスのクリーニングを依頼するのがおすすめです。