快適な目覚めで一日を充実したものにする方法

サムネイル

一日を充実したものにするためには、快適な目覚めが必須です。快適な目覚めを得ることで体のリズムが整えられます。とはいえ、仕事や学校などが忙しく、毎朝起きるのがツラいという方も多いでしょう。そこで今回は、朝スッキリ目覚めるコツやそのために必要な睡眠、おすすめのマットレスを紹介したいと思います。

 

朝スッキリ目覚めるコツ

スッキリ目覚めるためには、以下の点に気を付けてみましょう。

 

カーテンを開け朝日を浴びる

朝目覚めた際には、まずカーテンを開けて、朝日の光を部屋に入れるようにしましょう。朝日の光を浴びると、体内時計がリセットされ一日のはじまりが体全体に伝達されます。つまり、朝日の光を浴びることで1日をスタートするリズムが整うというわけです。

 

布団の中で適度に体を動かす

朝起きる時間になっても、なかなか布団の中からは出たくないもの。そんなとき、布団の中で体をゴロゴロ動かしたり、手足を少しだけ動かしたりすることで体温が上がって脳が覚醒してスッキリ目覚めやすくなるのです。布団の中で手をグーパーさせたり、足をバタバタさせたりするだけでもOKなので、ぜひお試しください。

 

スヌーズは1回

スマホなどの目覚ましを何度も鳴るように設定できるスヌーズ機能ですが、これを何度も繰り返すとさらに眠気が増してくるため避けるべきです。そのため、目覚ましのスヌーズは1回だけにするようにしましょう。

 

冷水で顔を洗う

冷たい水で顔を洗うのも、非常に効果的です。冷たい水で顔を洗うことで交感神経が活発化されるため、活動モードに移行します。つまり、体が目覚めるスイッチが入るため、スッキリ目覚めやすくなるということです。

 

シャワーを浴びる

朝起きた後、熱いシャワーを浴びるのも、交感神経を刺激するため効果的です。いっぽう、夜眠る前にはぬるめのお風呂につかっておくと、副交感神経が活発になるためリラックスできますので、眠りやすくなるという効果が期待できます。

 

朝食を摂る

朝食を摂ることで、体中の内臓に一日のはじまりを伝達できるため、体がスッキリと目覚めやすくなります。ただし、普段炭水化物や脂質中心の食生活を送っている方は、不眠やダルさの原因になる可能性がありますので、たんぱく質やビタミン、ミネラルを多く含むものを意識的に取り入れるようにしましょう。おすすめは柑橘系のジュースです。胃腸が刺激されて体のリズムが整います。なお、柑橘系のジュースがない場合は水でもOKです。

 

スッキリ目覚めるためには質の良い睡眠が必須

スッキリ目覚めるためには、グッスリ眠ることが前提になります。

 

最低6時間以上の睡眠が必須

人間は、最低でも6時間以上の睡眠時間を確保しないと、スッキリ目覚められないといわれています。もちろん睡眠時間には個人差がありますので、一概にはいえない部分はありますが、一般的に睡眠時間が6時間未満になってくるとスッキリ目覚めることが難しくなってくるでしょう。そのため、7時間~8時間程度の睡眠時間を確保するのがおすすめです。いっぽう、シニアの方であれば、もう少し睡眠時間が少なくてもよいとされています。

 

生活のリズムを整えることも重要

睡眠の質を上げるためには、生活のリズムを整えることが重要になります。前述したように、朝日を浴びたり、朝食を摂ったりすることをはじめ、昼間も適度な仮眠(15分~20分程度)を取ったり、適度な運動をすることなどで体のリズムを整えることが可能です。また、就寝前の行動も重要になります。寝る前の飲酒や喫煙、またベッドに入った後のスマホなども快眠を妨げる可能性がありますので、できるだけお風呂に入った後は、部屋を暗くしてすぐに眠るようにしましょう。

 

快眠におすすめのマットレス

睡眠の質を上げて朝スッキリ目覚めるためには、寝具選びが非常に重要です。そこで今回は快眠したい方におすすめのマットレスということで、「オクタスプリング」をご紹介します。

オクタスプリングは、体にフィットする低反発マットレスと、体をしっかり支える高反発マットレスの両方のメリットを合わせ持つ「ハイブリッド反発」が特徴のマットレスです。オクタスプリングは縦、横、ななめの動きに対してフレキシブルに対応できる「ハニカム構造(ハチの巣型)」のウレタンスプリングを採用しています。そのため、体の形状に合わせどんな体勢にもしっかりフィットすることで、体をサポートすることが可能です。

さらに、どんな体勢でも理想的な状態に保てるように、スプリングを5つのゾーンの硬さで配置した「5ボディゾーンシステム」を採用しており、首、肩、腰にかかる負荷を大幅に軽減できるため、心地よく眠ることができます。このようにオクタスプリングは、睡眠の質を上げて、毎日の体のリズムを整えたい人にうってつけのマットレスといえるのです。

 

快適な目覚めでダルい・眠いを解消

今回は、朝スッキリ目覚めるコツなどについて紹介しました。スッキリした目覚めには、普段から生活のリズムを整え、質の高い睡眠が必要になりますので、今回紹介した内容を参考に普段から気を付けて生活してみてください。生活のリズムが整い快適な目覚めができるころには、昼間に感じるダルい、眠いといった症状もかなり改善されることでしょう。