マットレスの寿命とは?/マットレスの種類で比較

サムネイル

マットレスは一度購入したら、最低5年~10年程度は利用するのが一般的です。ところで、あまり意識したことはないかもしれませんが、マットレスにも寿命があることをご存知でしょうか。値段やタイプによっても異なりますが、毎日使うものであるため当然ながら寿命があります。そこで今回は、マットレスの寿命について解説しますので、今利用されているものを買い替える際や、これから購入しようとするときの参考にしてみてください。

 

マットレスの寿命

まずは、一般的なマットレスの種類ごとの平均寿命を確認してみましょう。

 

・低反発マットレス:3年~5年程度

・高反発マットレス:6年~8年程度

・ポケットコイル・マットレス:8年~10年程度

・ボンネルコイル・マットレス:6年~8年程度

・ファイバー・マットレス:6年~8年程度

・ラテックス・マットレス:6年~8年程度

 

ポケットコイルやボンネルコイルといったマットレスは、寿命が10年程度と耐久性が高い点が特徴です。いっぽう、その他のマットレスに関しては、5年~8年程度の寿命が一般的となっています。中でも、低反発マットレスは耐久性が低いものが多いため、寿命が短い傾向にあります。ただし、マットレスの品質や使用方法も大きく影響するため、あくまでも一般的な寿命とお考えください。

 

マットレスを交換するタイミング

マットレスを新しいものに交換するべきタイミングとしては、以下のような状態が散見される場合といえるでしょう。

 

・マットレスの表面がへこんでいる

・購入時に比べ柔らかく、反発力もなくなっている

・バネのきしみや、へたりを感じる

・カビや汚れがひどく不衛生な状態

・朝起きると体が痛い場合

 

マットレスは使い続けることで劣化するため、だんだん本来の機能を発揮できなくなっていきます。また、マットレスの形状が変わったり、弾性が保てなくなったりすることにより、正しい寝姿勢がキープできなくなるため、腰痛などの原因になる場合もあるでしょう。そして、長期間使い続けることで汚れやカビが付着して不衛生になることもありますので、注意が必要になります。

 

マットレスを長持ちさせるコツ

先ほど、マットレスの寿命は使用方法によっても大きく変化すると説明しました。そこで、マットレスを長持ちさせるコツをいくつか紹介したいと思います。

まず、同じマットレスをずっと使い続けるのではなく、複数のマットレスをローテーションで使うという方法があります。マットレスを一定期間休ませる期間を設けることで、寿命を長持ちさせるということです。次にシーツをこまめに洗濯することで、マットレスを清潔な状態に保つことも有効でしょう。このとき、マットレスを横にして、風通しのよい場所で定期的に陰干しすると、湿気やカビの発生を抑えることができるため、寿命を延ばすことできます。

 

買い替えやローテーション用におすすめのマットレス

最後に、買い替えにおすすめのマットレスとして、「オクタスプリング」を紹介します。

 

オクタスプリングとは

「オクタスプリング」は、高反発マットレスと低反発マットレスの特徴を併せ持つ「ハイブリッド反発」と呼ばれるマットレスです。オクタスプリングは、「縦、横、ななめ」すべての動きに対応可能な、「ハニカム構造」と呼ばれるハチの巣型ウレタンスプリングを採用しています。これにより、体の形状に合わせてフィットしますので、腰や背中をしっかりサポートすることが可能です。また、スプリングの硬さを5段階に配置した「5ボディゾーンシステム」で、首、肩、腰にかかる負荷を大幅に軽減できますので、快適に眠りにつくことができるでしょう。

 

オクタスプリングの寿命

オクタスプリングは、メーカーによって6万回の耐久テストが行われ、検証されています。そのため、適切な使用方法であれば、すぐに性能が落ちることはないでしょう。前述した、オクタスプリングが採用しているハニカム構造は、ハチの巣型のウレタンスプリングで耐久性や通気性に優れている点が特徴です。そのため、オクタスプリングは適切な使用方法であれば、8年~10年程度は問題なく使用できます。また、オクタスプリングの復元率は98%ということで、ここからも耐久性の高さが伺えます。なお、「復元率」とは、布団を圧縮した際に元に戻る確率の割合を示す数字です。復元率は100%に近いほど耐久性が高くなるため、「98%」という数値からもオクタスプリングの耐久性のすばらしさが分かってもらえたのではないでしょうか。

 

何年使うか想定して購入するべき

今回は、マットレスの寿命について解説しました。マットレスの寿命は、種類や値段にある程度比例しますので、購入時から何年くらい使うか想定し、それに見合った金額や用途のマットレスを選ぶようにしましょう。また、日頃のメンテナンス次第で、寿命も大きく変わりますので、今回紹介した方法を参考に実施してみてください。