腰痛がつらい!
そんなあなたにおすすめのマットレスの選び方

「ぐっすり眠っているはずなのに、朝起きると腰が痛い」「普段から腰痛がひどい」という人は、いま使っているマットレスを見直した方がいいかもしれません。

腰痛などの不調の原因はマットレスにある可能性があります。マットレスを変えただけで寝心地や朝起きたときの体の軽さが変わることもあるのです。

なぜなら、マットレスの硬さによって、理想の背骨のS字カーブがキープできるかどうかが決まるからです。マットレスが合っていないと、休むための場所が、寝ているだけで腰痛を悪化させてしまう場所に変わってしまいます。

腰痛に悩んでいる人におすすめなのが、高反発マットレスです。

仰向けに寝たとき、自分の体重を支えてくれるのは、頭・胸・腰・足の4カ所。中でも、腰には全体の44%の荷重がかかると言われています。

高反発マットレスは、この体にかかる圧を分散する「体圧分散」ができます。腰の沈みを押し返してくれるので、腰にかかる負担が他のマットレスに比べて少ないのです。

また、高反発マットレスには、低反発マットレスのようなやわらかさはないけれど、寝返りを打ちやすいというメリットもあります。

では、なぜ低反発マットレスが、腰痛に悩む人に適していないのでしょうか。

低反発マットレスには、体をやわらかく包み込み、腰のカーブ部分の負担を減らしてくれるというメリットがあります。しかし、寝返りの際はまず上半身と下半身どちらかが先に動き腰に捩れが発生します。寝返りをしようとしたときに体が沈み込みすぎていると腰に必要以上に負担が掛かってしまうのです。

ただし、硬すぎる「超高反発マットレス」は、腰のカーブ部分に負担をかけてしまうので避けましょう。硬すぎるというのは、いわゆる畳に布団を敷いているのとほぼ同じ状態のことを意味します。

マットレスの硬さは、「ニュートン」という単位を見ると分かります。110ニュートン以上が硬いマットレス、75~110ニュートンだとふつうのマットレス、75ニュートン以下がやわらかいマットレスを表しています。110ニュートン以上のものを高反発マットレス、75ニュートン以下のものを低反発マットレスというと考えていいでしょう。

また、体重とニュートンとを照らしてマットレスを選ぶことをおすすめします。簡単な目安ですが、体重の軽い人は100~150ニュートン、50~80キロほどの人は150ニュートン、80~100キロ程度の人は180ニュートン、100キロ以上の体格がいい人は200ニュートンのマットレスが適しているとされています。

人気おすすめマットレス記事

高反発マットレスは腰痛におすすめ!
その理由は?
ウレタンタイプのマットレスの特徴
コイルスプリングタイプの
マットレスの特徴